媒介契約と専任契約の違い

 

媒介契約と専任契約の違い

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
不動産売却では、個人の売り手と個人の買い手が売買契約を交わす必要があり それらの仲介役として存在しているのが、仲介業を請け負っている不動産屋さんです。
専門用語の1つに媒介という言葉が登場しますが、これは仲介と同じ意味を持つ言葉です。間に入って調整することであると理解しておきましょう。

「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」と媒介契約と言っても3種類も存在するうえに、それぞれ役割も異なります。


・一般媒介契約⇒媒介契約を複数の不動産会社と結べる
・専任媒介契約⇒1社の不動産屋さんとのみ媒介契約ができる
・専属専任媒介契約⇒媒介契約は1社のみ結ぶこと、さらには買い手を見つけるのもその不動産屋さんにすべて託すことになる

 

本当に信頼が出来る会社をみつけたなら、専任媒介契約、まだ分からない時は一般媒介契約で良いと思います。

 

一般媒介と専任媒介図

 

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

宅地建物取引士からのまとめ

一般媒介契約と専属専任契約の違いについて紹介してきました。
それぞれに一長一短があり必ずしもこちらが良いとは言い切れないのですが初めて不動産売却をする方は専任契約を選ぶと良いかと思います。何故かと言うと当サイトの不動産会社の探し方の趣旨は信頼できる不動産会社を見つけている事が1番の重要なポイントとして紹介してきてます。ですので信頼できる不動産会社が見つかったと前提で媒介契約を結びますので、専任契約で良いかと思います。事実媒介契約結ぶ多くの方が専任契約を選んでいます。

 

一般契約で複数社に競わせようと思う方もいると思いますが、超人気物件でもない限り不動産会社は積極的に広告費を投入してまで売却活動は一般的には難しいと思います。一生懸命動いても他の不動産会社にお客様をとられてしまったら1円も利益はならないのでリスクが高いからです。

 

専任契約の場合は1社だけに託してますので、しっかりと信頼関係が生まれやすいですし、自分たちの活動により成果が出れば必ずその会社の利益につながりますので一生懸命動いてくれることが期待できます。

 

一般媒介契約を考えて良い場合は、東京23区内の人気エリアなどでしかも駅から近いと言う人気物件ですと、報酬も高い上すぐに売却できますので、一般媒介でも不動産会社が色々と動いてくれることが期待できます。しかし一等地の駅前物件など稀なケースですので一般的な不動産の場合ですと専任契約が良いかと思います。

TOPへ