仲介と買い取り、どこが違うの?

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

そもそも仲介は、不動産屋さんが仲介役に入って買い手を一般市場の中から探すことを言います。 仲介売買のデメリットは、買い手が見つからなければ売却するのに時間がかかってしまうという点です。 買取に比べて高値で売却できますので多くの方がこの仲介で依頼しています。

 

少しでも高く売りたい方向けにおすすめです。

仲介の説明図


買取りとは

買取業務とは、不動産屋さんがあなたの自宅を直接買い取る方法を指します。 買取は、物事がすべてスムーズにに進むため少しでも早く自宅に売りたい人にお勧めで、 自宅をすぐに売りたいとお考えの人に最適です。 しかし仲介に比べると2.3割ぐらい売却価格が安い傾向です。

 

早く売却を希望する方にお勧めです。

買取の説明図

不動産会社が買い取ってくれるための査定もできる!

買取業務を行っている不動産会社なら買取を目的とした査定を依頼することも可能なので、すぐにでも売りたい人にはおすすめです。 買い手が見つかりづらいのがネックな仲介売買の場合、 時間がかかってしまい売り出し始めても3か月以上の時間がかかるのです。 ところが不動産会社による直接買取ならば、最短でも2週間程度で不動産売買が終わってしまいます。 相場より若干売却額は減りますが、一番早く売却を済ませるにはこの方法が最適で、 一つの方法として不動産買取を受けてみるというのもいいでしょう。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

TOPへ