簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちがいいの

机上査定と訪問査定、この2つのどちらを選ぶべきかわからない人もいますよね。 簡易な査定方法であるのが机上査定で、地価や過去の取引例などを参考にして概算を査定する方法です。
また、不動産会社が実際に現地を訪れて査定を行うのが訪問査定で、この査定方法を選ぶ場合はより詳細な査定額を知りたい方や、売却を前向きに進めたいという方に最適です。

 

訪問査定では、不動産会社の人と直接話をする機会に恵まれますので、この機会を利用してわからないことや不安に思っていることを相談してみるのもいいですね。 売却を前向きに進めているという方には、訪問査定をぜひおすすめします。 しかし、まだそこまで売る気持ちが薄いなら、まずは机上査定で様子を見てみるというのもよい方法です。 使い分けて利用するのもいいですね。
机上査定…おおまかな概算額を把握したい人におすすめ。
訪問査定…売却を前向きに検討している方におすすめ。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

きちんと把握しよう!査定額は参考価格

不動産会社から査定結果をもらうとすれば、最近話題の不動産一括査定サイトを利用するのがおすすめですが、 ここでいう査定によって算出される金額は、これくらいの金額で売れるのでは?という予想額であるため、あなたが手にできる金額であるとは限りません。

 

査定額は、不動産会社が提示することになりますが、会社によって見込みが異なるため、 売却とイコールとなるケースもそうあるものではありません。 自宅の周辺環境や、その時々のニーズ等によって差は出ますが、 最近のケースとしては、査定額よりもだいたい2割程度下回る金額で売却する事もあります。

 

もちろん市況によっては査定価格以上で売却できることもありますが、 査定額にばかり目をとられずに、査定額よりも低くなるといった気持でいることのほうが重要です。

 

@
TOPへ