簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定に迷ったら…

査定の方法には机上査定と訪問査定の2種類があり、査定の仕方や精度が異なります。 簡易査定(机上査定)はあくまで売却価格をざっくり知るための方法。
一方、実際に担当者が訪問して詳細な点まできちんと見積もっていく方法が訪問査定ですので、もしあなたが近々売却を検討しているのであれば、訪問査定を受けることがおすすめです。

 

訪問査定では、不動産会社の人と直接話をする機会が得られるので、この機会を利用して分からないことや不安に思っている点を相談してみるのもいいですね。 基本的には訪問査定をオススメします。 しかし、売却する気持ちがそこまで高まっていないという人は、机上査定を受けてみるのも1つの手です。 あなたの状況に応じて査定方法も選んでみましょう。
簡易査定…とりあえず大体の査定額が知りたい
訪問査定…査定を近日中に行うことを目的にしている方におすすめ。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定=売却額であるとは限らない!

最近は不動産一括査定サイトなども人気で、不動産会社からすぐに査定額の結果をもらうことができますが、 ここで用いられている査定結果に載っている金額は参考価格のことを指しており、これくらいなら買い手が付くのでは?という参考価格にすぎません。

 

そのため、不動産会社によって判断材料が異なれば金額も異なることがあるうえ、 その価格で売却を保証するものではありません。 自宅の状態から周辺環境、地価の変動等によって色々ですが、 査定価格よりも若干低い金額で売買が成立することも当然あります。

 

もちろん、すべてがそうであるとは限られているわけではなく、なかには査定額を大きく上回った金額で売却しているケースもありますが、 基本的には、査定金額よりも価格が低くなるといった認識をして契約することをおすすめします。

 

@
TOPへ