簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定の選び方

机上査定って?訪問査定って?詳しくはよくわからない人も多いことでしょう。 過去の不動産売買事例などを参考にしながら査定をしてくれるのが、簡易的な査定方法である机上査定になります。
数ヶ月の内に売却する予定なら、訪問査定(現場査定)を利用して、より正確な査定価格を確認しましょう。

 

訪問査定の良い点は、担当の人と直接やりとりができるという点です。専門知識を得られるほか、今後の展開についての相談もできます。 もし売却をするのであれば、今後直接役立つ方法であるのは訪問査定です。 ただ、売るかどうかまだ気持ちに揺らぎがあるようでしたら、まずは机上査定を受けてみるといいと思います。 使い分けて利用するのもいいですね。
机上査定…だいたいの査定の金額を出してもらいたい人に最適。
訪問査定…売却を前向きに検討している方におすすめ。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定価格はあくまで参考価格

最近は、一括不動産査定を利用すれば簡単に複数の不動産会社から査定結果をもらうことができますが、 この査定額とは、不動産会社の買取価格ではなく、これくらいの金額で自宅が売れるのでは?という予想を込めた金額のことなのです。

 

不動産会社からの査定額は、不動産会社の判断基準に基づく見込価格ですが、 売却とイコールとなるケースもそうあるものではありません。 自宅の状態や周辺かんきによって違いが出るものですが、 査定価格よりも若干低い金額で売買が成立することも当然あります。

 

すべては状況次第でもあるため、査定よりもずっと上の金額で売れたなんて人もなかにはいますが、 査定額はあくまで参考価格であり、若干これよりも安くなることのほうが確立としては高いという認識を持っていましょう。

 

@
TOPへ