簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちがいいの

机上査定を受けるべきか、それとも訪問査定を受けるべきかよく分からないという方もいらっしゃると思います。 簡易査定(机上査定)はあくまで売却価格をざっくり知るための方法。
一方訪問査定では、詳細な査定額を算出することを目的としていますので、現地を不動産会社が実際に訪れて、1つ1つの項目をチェックしていく方法をとります。売却を早く進めたい方におすすめです。

 

訪問査定の良い点は、実際に不動産会社の担当者に会って話ができるところですので、このチャンスに不動産売買のコツについて思い切って聞いてみるのもいいでしょう。 売却を前向きに進めているという方には、訪問査定をぜひおすすめします。 しかしまだ売るかどうかも決め兼ねているなら簡易査定を利用するのも良いと思います。 あなたの状況に応じて査定方法も選んでみましょう。
机上査定…手っ取り早くだいたいの金額を提示してもらいたい場合におすすめ。
訪問査定…売却を前向きに検討している方におすすめ。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定=売却額であるとは限らない!

不動産一括査定サイトで利用して出た不動産会社からの査定価格は 出された査定額は、不動産会社の買取額ではなくあくまでこれはこれくらいで自宅を売ることができるかもしれない、という予想の価格なのです。

 

不動産会社からの査定額は、不動産会社の判断基準に基づく見込価格ですが、 提示された金額が手に入るという保証もありません。 自宅の状態や周辺かんきによって違いが出るものですが、 査定価格よりも1~2割程度低い価格で成約することがあります。

 

また一方で、状況によってですが思いがけない高額売却を体験したというケースも稀にはあるものですが、 査定額にばかり目をとられずに、査定額よりも低くなるといった気持でいることのほうが重要です。

 

@
TOPへ