簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちを選ぶべき?

机上査定と訪問査定、この2つのどっちを選ぶべきか分からない方もいますよね。 机上査定はデータだけを頼りに見積もる方法を用いた簡易的な査定方法のことを言います。
一方訪問査定では、詳細な査定額を算出することを目的としていますので、現地を不動産会社が実際に訪れて、1つ1つの項目をチェックしていく方法をとります。売却を早く進めたい方におすすめです。

 

訪問査定では不動産会社の人と実際に顔を合わせることになりますので、思い切って自分がわからないことや、今後どうしたらいいのかなどを相談してみるとよいでしょう。 基本的には訪問査定をオススメします。 しかし、売却する気持ちがそこまで高まっていないという人は、机上査定を受けてみるのも1つの手です。 上手に使い分けて下さい。
机上査定…おおまかな概算額を把握したい人におすすめ。
訪問査定…査定を近日中に行うことを目的にしている方におすすめ。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

売却額は査定額で決まるは間違い!

最近は、一括不動産査定を利用すれば簡単に複数の不動産会社から査定結果をもらうことができますが、 ここで用いられている査定結果に載っている金額は参考価格のことを指しており、これくらいなら買い手が付くのでは?という参考価格にすぎません。

 

しかも査定額は不動産会社によって判断基準の選択の仕方に違いがあるため、金額も異なるうえ、 提示された金額が手に入るという保証もありません。 物件により差がありますが、 1割から2割程度査定額よりも低く売られていることがケースもあります。

 

その時々の市況等によっては、予想以上の金額で自宅が売れたというラッキーな人も世の中にはいますが、 査定金額よりもやや低い金額になるという覚悟をしておくことのほうが、とても大切です。

 

@
TOPへ