不動産売却の流れを紹介します!

 

不動産売却は約三カ月間はかかると言われてます。いろいろなフェーズを乗り越えて売却に至りますので、まずは流れを知っておくことが大切です。 トラブルなく満足のいく売却をするにもここで売却するイメージを掴んでみて下さい。

 

/不動産売却③上
不動産売却③下

 

不動産売却には3ヶ月かかるイベントです。

不動産売却と言うのはなかなか簡単ではなく 不動産会社と媒介契約を結んでから実際に売却できるまでは 早くても1ヵ月、一般的に3ヶ月と言われてます。 また不動産が売れても実際に引き渡しするまでさらに1ヵ月から3ヶ月かかります。

これは平均的な数値ですので、 訳あり物件や駅から離れた不便な不動産等 買主を見つけるのが困難な物件に関しては 普通に1年以上売れ残ってしまう可能性も十分あります。 不動産売却はすぐに売れるのはラッキーなことで 最低でも3ヶ月から半年はかかるものと認識しておいた方が良いでしょう。

ポイント
しっかりとあなたの地域での適正価格を把握して、 1番売却しやすいタイミングの 売り出し直後のレインズに登録した旬な段階で売却するのが理想です。 世の中の情勢やライバル不動産の状況を把握しつつ 戦略的に売却できる不動産会社を見つけることも大きなポイントです。 戦略的に売却活動をしてくれる不動産会社を見つけることがポイントとなってきます。

※明らかに適正価格より大幅に高い金額で初値をつけると せっかくの売り出しの旬なタイミングを逃してしまいます。 しっかりと適正価格を把握して売り出しの段階で売り抜くことが良いかと思います。

不動産売却の流れについてのまとめ

不動産売却の流れについて紹介してきました。不動産売却と言うのは上記で説明した通りいくつかの段階を乗り越えて売却することになります。一日や二日で終わるような事はなく一般的には順調に行って三ヶ月かかると言われています。人気のない物件や不便な土地にある不動産に関しては1年以上売れ残る物件と言うのもあります。
不動産売却を始める方はまず全体像を把握して今自分がどの段階に入るのかしっかり把握しておくことがとても大切です。

\お勧めの不動産一括査定はコレ/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

 

 

 

 

TOPへ