不動産売却の流れを紹介します!

 

不動産売却の流れを一通り紹介します。 まずはでここで全体像をまずは把握してください。

 

/不動産売却③上
不動産売却③下

 

不動産売却には3ヶ月かかるイベントです。

あなたの売り出す不動産が実際に売りに出されてから買主と売買契約が結べるまでの期間は 早くても1ヵ月、一般的に3ヶ月と言われてます。 また、売買契約から引き渡しまでも1ヶ月から3カ月ほどはかかります。

上記の数値は順調に行った場合のおおよそ目安である数値であるため 山奥の物件や何かしら制限付き物件など 買い手が現れなさそうな不動産に関しては 1年以上売れ残ってしまう物件も普通にあります。 不動産売却はすぐに売れると言うわけではなく、 ある程度長い期間を想定して売却するのが良いです。

売却のポイント
あなたの不動産の適正価格を知ることから始まり、 1番売却しやすいタイミングの 売り出し直後のレインズに登録した旬な段階で売却するのが理想です。 社会情勢やライバルの状況を加味して 戦略的に活動してくれる不動産会社を見つけることが大切なポイントです。 戦略的に売却活動をしてくれる不動産会社を見つけることがポイントとなってきます。

※適正価格より高い金額で初値をつけると せっかく1番売れるタイミングである売り出しの時期を逃してしまうことになります。 必ず適正価格を把握した状態で売り出し直後に売れるように価格設定するのがポイントです。

不動産売却の流れについてのまとめ

不動産売却の流れについて紹介してきました。不動産売却と言うのは上記で説明した通りいくつかの段階を乗り越えて売却することになります。一日や二日で終わるような事はなく一般的には順調に行って三ヶ月かかると言われています。人気のない物件や不便な土地にある不動産に関しては1年以上売れ残る物件と言うのもあります。
不動産売却を始める方はまず全体像を把握して今自分がどの段階に入るのかしっかり把握しておくことがとても大切です。

\お勧めの不動産一括査定はコレ/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

 

 

 

 

TOPへ